就職より転職が有利ともなりうる女性の事情

ただでさえ就職が難しいとされる女性にとって、転職するというのはさらに難しいものだろうと考えられがちです。それは半分正しく、半分誤っていると言えるでしょう。教育のしがいがある新卒ではないという状況において転職のが困難になると思います。
中途採用の場合には現場で即戦力となる力や経験が求められていることが多く、その競争が激しいということも間違いではないのかもしれません。
しかし考え方を変えれば、教育をしなくても現場で必要とされている能力を持っている人であれば喉から手が出るほど欲しいというのが雇用者側の姿勢です。その企業で必要性を感じている知識や経験を積んでおけば、仕事先を見つけやすくなると思います。能力があれば認められる可能性が高いという点において、女性であるということが不利にはたらくリスクも低いことから、かえってチャンスがあると考えても良いのかもしれません。
とくに女性であること自体がプラス要素として考えられる職場や職種においては、採用される可能性が格段に高まります。美容やファッション業界においては、消費者比率として男女差があることから優遇されるのが一般的のようです。
また受付をする事務の仕事のように、接客を主とする場面でも重宝される傾向が強いでしょう。そういった点に着目して転職活動を行っていくことにより、就職活動をした時と比較して少ない苦労で仕事先を見つけることができる場合も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.